上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
5月18日


今日はクラスはお休みだ。出かけよっ。



っつーワケで、車を走らせます。
DSC01873_convert_20110613140417.jpg
珍しくシャスタの中心でスクールバスに遭遇。



州により差はあるかと思いますが。
スクールバスは追い越しちゃ行けない、とかその他にもルールがあるので、ちょっと緊張します。



さっさとフリーウェイに乗り、北へと向かいます。
DSC01876_convert_20110613140519.jpg
ブラックビュートのシルエットがくっきり。



本日の目的地は、オレゴン州の町、アッシュランドです。
(以前の日記でも紹介しました)



子ねこの滞在先のご主人(女性)がおすすめのお店があり、1匹で行ってみることにしたのです。



アッシュランドまでは約1時間半のドライブ。
DSC01878_convert_20110613140905.jpg
道中は山あり谷ありですが、ほとんどはこんな感じ。
眠い…



アッシュランドは、オレゴンの小さな町ですが。
けっこう個性的なお店も多いし、おしゃれなお店も見かけます。
大学も公園もあったり、なかなかすてきな町なんです。


着いた!
ここは通称「コープ」と呼ばれる食品&雑貨のお店。
DSC01881_convert_20110613141254.jpg
もちろん子ねこの大好きな、オーガニック製品がたーくさん売ってます。
だから来たかったんです!



店内。
見たとこ普通のスーパーと変わりませんが、有機野菜やら果物がいっぱい。
DSC01880_convert_20110613141039.jpg
オレゴンは買い物税がありませんので、値段そのまま。
嬉しい…



コープ内のお店のメイク用品売り場での1コマ。
DSC01879_convert_20110613141010.jpg
メイクブラシやパウダーが、何に刺さって展示されているかわかりますか?



豆ですね。
キドニービーンズやら、レンズ豆です。
アイディアで勝負、ですな。



コープで子ねこはお弁当を買い、飲み物を町のカフェで買うことに。



オーガニックなメニューが置いてあるカフェ
「グリラバイツ」
DSC01890_convert_20110613141744.jpg
もちろん、ゴリラとグルメとかけてあるんだよね???
フレッシュスムージーの「ブルーベリーバナナ」を購入。
あー、期待が高まるっ


町の中心に入り口がある「リスィアパーク」
DSC01891_convert_20110613142125.jpg
グリラバイツからもコープからも、徒歩圏内です。


案内図。
ご覧のとおり、横に長い公園です。
DSC01908_convert_20110613143835.jpg
アメリカらしく、自然を最優先に残してあり、余計はものは公園内にはあまり見かけませんし、作り過ぎな感じはいっさいしません。


とは言っても、最低限の遊具はあります。(少ないけど)
DSC01899_convert_20110613142922.jpg
遊んでたのは、大人だったけどね~、あはは。
おヒゲのおじさん、童心に帰って楽しんでます。
背中を押してあげる必要もなさそうです。



さあて、歩き出そう。
DSC01900_convert_20110613143232.jpg
気持ちのいい道でした~



右側に川が流れている道を、奥に向かって歩きます。
DSC01902_convert_20110613143427.jpg
この川はアッシュランドの町中にも通っていて、なかなか涼しげでいい感じ。



途中で見つけた花。水中からまっすぐ、茎が伸びています。
DSC01906_convert_20110613143504.jpg
なんだろう、この花???
小さいピンクの花が咲いてて、かわいかったです。



さて、そろそろおなか空いたー!!!
数少ないベンチで、お昼タイムにしよう。



川のせせらぎをBGMにして…
DSC01896_convert_20110613141508.jpg
コープで買った「ローラザニア」と「ロースムージー」
(もちろん、ともにオーガニック)



「ロー」というのは。



英語の「raw」つまり、「生」のことです。
火を通していない、または低温で調理した料理で、大体はベジタリアン料理です。



ローフードは日本ではいまいち普及が遅いようですが、アメリカやカナダでは日本よりかなり、認知されていると思います。


子ねこは2年ほど前からローフードに興味を持ち、この1年くらいは1日のうち2食はローフードに切り替えました。
おいしくて、体にいいんだもん!


ローラザニアとスムージーは、ローフード的定番メニュー。
いろんな本に載ってます。


断面図です。
(あまりきれいに撮れなくてゴメンナサイ)
DSC01898_convert_20110613141701.jpg
薄くスライスした野菜類と、ナッツ等で作ったペーストやドライトマト等が重ねられています。


これがおいしーの


ローフードって、意外なほど腹持ちが良く、少量でおなかもいっぱいになります。


ただし、作るのはけっこう手間。
なので、売ってるとありがたいんだよね~



さて、公園も半分以上歩いたので、引き返しますか。



この時期は、けっこう花も咲いてて良かった
DSC01907_convert_20110613143535.jpg
真ん中の花、ちょっとモミジにも似ているような…



公園の入り口からほど近い場所にある、この地域の天然の湧き水が飲める場所。
DSC01926_convert_20110613144003.jpg
この水は銅が含まれてる、とかで、後ろのサインも変色(腐食?)しています。



味は…


すみません、もう飲まなくていいです。
何て表現したらいいかわからないです。
なんか、「すごい味」でした…



アッシュランドをもう少し、ご紹介。
DSC01924_convert_20110613150052.jpg
ここはメインストリートの一部。
子ねこの写真だと、あまり大きさがわかりませんね(汗)



上記写真にもありますが。
アッシュランドは、シェイクスピアの劇を上演しているのが、町の特徴の1つのようです。



町の一角のシェイクスピアに関する案内所?
DSC01887_convert_20110613162955.jpg
入らなかったけど。



同じく通り沿いの、子ねこのお気に入りのお店
「パディントンストリート」
DSC01923_convert_20110613150006.jpg
ここはキッチン雑貨を中心に、雑貨がたーくさん。



2階建てて、なかなかの広さと開放感。
DSC01911_convert_20110613144940.jpg


ここは工作のコーナー…
DSC01913_convert_20110613145121.jpg
じゃない、手作りクッキーやカップケーキのためのグッズが売っています。



使いにくそうなフォークやスプーン…
DSC01910_convert_20110613144755.jpg
なんてことはありません。
おそらく、家庭菜園用の名札(?)だと思います。



カップケーキのキャラクターの商品がずらり。
DSC01909_convert_20110613144226.jpg
カップケーキの香りの付いたガム、リップクリーム、バンドエイド、デンタルフロスまで!!

…かえって虫歯になっちゃいそう…



ジャムの試食
DSC01915_convert_20110613145910.jpg
いちばん左が「マンゴー&赤唐辛子味」


…子ねこはふつうのマンゴーがいいな、と思いました。


でもこちらでは、このように甘い味と辛いものとの組み合わせはよく見かけます。



口直し…、じゃないけどお水のサービス。
DSC01914_convert_20110613145414.jpg
アメリカは本当に乾燥しているので、これはすっごくありがたいサービス。
入れ物もおしゃれだしね!


あー、買って帰りたいけど。
猫1匹入っちゃいそうな大きさ(&重さ)、絶対に無理…



そろそろ帰ろうかと思い、外へ出ると…


虹だ!
DSC01933_convert_20110613150326.jpg
実は子ねこはけっこう虹によく遭遇する「虹猫」でもあります。



空がすごくきれいだった。
DSC01947_convert_20110613150649.jpg
もう1度コープによって、ローフード買って、頼まれたお土産買って帰ろうっと。



この日、コープで買った夕飯
「ロースシ」と「ローティラミス」
DSC01949_convert_20110613150835.jpg
こちらでは、とりあえず巻いたものを「スシ」と呼んだりもするので、いわゆる日本のスシとはほぼ無関係に近いものも多いです。
(日本と同じ「スシ」もちゃんとあります。大体、中国とかアジアの方が作ってるけど)



これもおいしかったよ。でもラザニアの方が好き。
黄色いソースはやはり(?)マンゴーピューレみたいのに唐辛子が入ったもので、めっちゃくっちゃ辛かったけど(汗)


特筆すべきはティラミスでしたね。



コープで買った、オーガニックのりんご。
日本のものより、少し小ぶりです。
DSC01954_convert_20110613151050.jpg
日本では有機りんごってなかなか手に入りませんよね。
でもこちらでは年中、売ってるんですよね…


品種が違うのでしょうけど、あまり味は変わらないような。
日本でももっと普及することを祈りつつ、丸くなって寝ようかな。




お☆ま☆け


アッシュランドのベビー用品のお店のウィンドウ。
いちばん左のTシャツは、
DSC01938_convert_20110613150452.jpg
「ぼくのパパはロックだよ!」みたいな感じかな。
猫用のがあったら、子ねこもほしいな☆
スポンサーサイト
line
7月20日

ユージーンで迎えた朝。
あー今日はカリフォルニアへ向けて、いっきに走りきらなくてはならない日だー。
だいぶしっかり寝たのでずいぶんすっきりしたけど。



さてチェックアウトしなくては。
今回お世話になったのは、「ダウンタウンモーテル」
DSC00418_convert_20100727150250.jpg
ユージーンの中心街よりちょっと行ったところにありました。


お部屋もきれいでよかった。
DSC00400_convert_20100727150735.jpg
造花だったけどお花も飾ってくれてました。
電子レンジも(使わないけど)、冷蔵庫も。
同じくらいの価格帯でこの2つがついてるモーテルって少ない気がします。


モーテルとして典型的な感じの洗面台周り。
DSC00401_convert_20100727152139.jpg
この電気がねじねじでかわいいので撮りました。
子ねこもおうちにほしーなー。



シャンプーとコップ、エコについてのお知らせ。
DSC00406_convert_20100727151637.jpg
要約すると、
「地球では毎日たくさんの水が使われています。あなたがタオルを使うことを少し節約(?)してくれるだけで、たくさんの水が節約できます。あなたが使っていない、まだ使えるタオルはどうぞそのまま置いておいてください。使用済みのタオルのみ、床に置いてください。」
という意味のメッセージです。
環境や自然を大事にするオレゴン州らしいボードだな、と関心した子ねこなのでした。
もちろん子ねこも、協力させていただきました!



ではチェックアウトしましょう。
このモーテルの経営者のメキシコ人夫婦、ほんとに親切で感激。




さて、出発するにはまだ名残惜しい子ねこ。ユージーンの町をもう少し、歩いてみたいのです。
実は昨日、行きたい店をチェック済み。



その名も「スウィートライフ」
DSC00455_convert_20100727153148.jpg
昨日行ったカフェのすぐ近く。



看板からして、かわゆすでしょ。
DSC00432_convert_20100727154229.jpg
ここのお店も老若男女、お客さんが絶えません。



たまにはこんな被写体もどうでしょう。
DSC00436_convert_20100727154516.jpg
ふだんオーガニックだベジだなんだとうるさい子ねこには信じられないチョイスです。
たまにはいいよね、ここはアメリカなんだから。



もひとつおまけに。
DSC00435_convert_20100727154848.jpg
お味はね、意外に(カフェの方ごめんなさい)おいしかったんです。
朝ご飯はこれで十分。



もちろん食べきれず。
DSC00443_convert_20100727155132.jpg
店内に持ち帰り用の袋や箱が用意してありますので、いただきました。
袋もかわゆす…



子ねこだけおなかいっぱいになるなんて、他の動物たちに申し訳ありませんので。
寄ってきたすずめの親子に、少しおすそわけ。
DSC00444_convert_20100728135809.jpg
子すずめにご飯を与える親すずめ。
も~とてつもなくかわゆすでした。
けっこう大きいくせに、まだ甘えてます。




店内のショーケース。
DSC00428_convert_20100728135242.jpg

ほんとにたくさんのスゥイーツ。
DSC00429_convert_20100728135420.jpg

かわゆすなクッキーたち。
DSC00430_convert_20100728135625.jpg
また次回、ね…


さて。
まだ行きたいお店があるんです、子ねこは。


さすがにね、甘いものばかりだとしょっぱいものが食べたくなるのが人情(猫情)ってもんでしょ。


ユージーンの中心部にある、「スウィートバジル・タイ・キュイジーヌ」というタイ料理レストランです。
DSC00465_convert_20100728140350.jpg
ここのランチはボリュームあって、お値段もなかなか良くて。


子ねこが頼んだのは、「I Love Veggies」(お野菜大好き!)というメニュー。
DSC00459_convert_20100728141210.jpg
タイ料理なのに、ベジタリアン対応メニューがあるのが嬉しいところです。
お味はまあまあ良かったです。
(日本で味わったことのないタイ料理の味だったけど…)


てかいちばんびっくりしたのは、タイ米で黒米だったことだけど。


雰囲気もなかなか良かったです。
DSC00456_convert_20100728140918.jpg


実はまだまだユージーンでは色々書きたいことがあったのですが、このへんで。


最後に、歩きながら撮った写真をちょっと紹介しておしまいとします。


オレゴン州の町は、緑でいっぱいなところが多いです。
街路樹もたくさん植えてあって、歩いているとき、助かります。
DSC00425_convert_20100728142418.jpg
木々がいっぱいなところを表現した写真のつもり。


おそらくビール(?)の看板。
DSC00423_convert_20100727150436.jpgなんかかわゆすでしょ???
line
7月19日


さて、またカリフォルニア目指して出発するか。
曇ってるせいか、寒いよ~。
今日はどこまで行けるかなー。


こちらのフリーウェイは輸送のトラック等の大型車はとても多いです。
(日本もですが)
DSC00370_convert_20100721162702.jpg
囲まれたり、抜かしたりするときは未だに緊張します。
(写真撮ってる場合じゃないっつーの…)


もうすぐオレゴン州に突入。
みなさん、なんと紛らわしいことに。


オレゴン州ほど近くのワシントン州にも、


バンクーバー


って場所があるんです。(スペルも同様)
おまけに両者を結ぶ鉄道まであります。
北と南を間違えたら大変です。


DSC00373_convert_20100721162055.jpg
バンクーバーを過ぎ、ポートランドまであと少し。
ハイデンアイランドに入ったときの橋の写真です。(だから運転しながら撮るなっつーの)


オレゴン州でいちば大きな都市であるポートランドを通り過ぎ、がんばってがんばって運転して(←大げさ)、ユージーンという場所で停まることにしました。


実はね、ユージーンにはね、来たかったんです。色々な理由で。


ところでオレゴン州には、「買い物税」というものがありません。
のっている値段、そのままなんです!

ちなみに「宿泊税」はあります。


でも買い物の時、プライスタグそのままの値段でいいなんて、嬉しいじゃあないですか。


ついでに言うと、セルフのガススタもありません。店員さんが給油してくれます。
(窓ふきとかはやってくれません)
これも子ねこには嬉しいサービス。


ユージーンに来たかった理由の1つがこれ!
DSC00392_convert_20100721163354.jpg
このカフェに行きたかったんです!

その名も「Laughing Planet Cafe」
http://www.laughingplanetcafe.com/


もちろん、ベジタリアンメニューに力を入れてるカフェでございます。
栄養バランスや、オーガニックにもこだわっているようです。


カウンター席の前のショーケースの中、見えますか?
DSC00409_convert_20100721164543.jpg
恐竜やゴ○"ラのフィギュアがたーくさん、並んでいるんです。
これはお店のテーブルにも置いてあったりしました。


店内その1
DSC00407_convert_20100721164744.jpg
ほんっとにお客さんが途切れないお店でした。
しかも相当、幅広い客層と年齢層です。


店内その2
逆からカウンターを見たところ。
DSC00411_convert_20100721164933.jpg
カウンターで注文して、受け取って自分の席へ持って行くのですが…
ほとんどの注文はその場で出てこないようで、だいたい店員さんが運んでいました。



こうゆう場合、通常アメリカでもチップは払いません。
でもなんかちょっと申し訳ない気分にもなったりならなかったり。


ところで、オーダーがその場で出てこない場合。
よくあるのが、名前を店員さんに聞かれて、その名前を呼ばれて取りに行くとか、名前を呼びながら店内を探してくれたりします。
(もちろん下の名前でね。このへんがアメリカっぽいなあ)


さて、子ねこも晩ご飯にしましょう。
(実はこの日これが初めての食事)


オーダーしたのは、「CHAIRMAN MEOW RICE BOWL」
オーガニックの玄米の上に、蒸した数種類の野菜がのってて、ソースを選んで付けます。
DSC00413_convert_20100724144848.jpg
子ねこは「シイタケマッシュルームソース」を選択。
うしろは、季節のホームメイドパイ


めちゃおいしかった。



どっちも。


写真ではわかりにくいかもしれませんが。
とっても量も多くて、でも値段はそんなに高くありません。
なんて気前のいいお店なのでしょう。


ブラックベリー&ピーチのパイ
これもおいしいのー。ざくざく桃が入ってて。
上にかかってる、ブラウンシュガーとパイクラストのガリガリしたやつも好き。
DSC00415_convert_20100724145122.jpg
後ろは、ギャグを交えた「ブリトーの食べ方ガイド」
このお店はブリトーがおすすめメニューらしいです。
またいつか行きたいです!



おなかいっぱいになった子ねこ、運転の疲れもあり、眠くなってしまいました。
もう動きたくありません。
もうここに泊まるしかないね、今日は。




さて。
このへんで今夜のモーテルを探しますか…
line
今日は友人が、バンクーバー南部にあるアフタヌーンティーができるお店に連れて行ってくれました。


彼女は、テレビで見て以来ずっと行きたかったけど、機会がなく。
子ねこがカナダに来るのを待っていてくれたらしいのです。


ありがたい。
子供たちを彼女のママに預け、出かけたのでした。


バンクーバーど真ん中ではないので、リッチモンドより
車で20分くらいのストリートに、そのお店はありました。


互いに方向音痴なわりに、あっさり到着。


「シークレット ガーデン ティー カンパニー」
DSC00086_convert_20100707153829.jpg
ハーブや花がたくさん。
店名もいい感じです。
あれ、お隣の看板は…???



友人曰くテレビで、
「ここへ行かずしてバンクーバーに行ったとは言えない!」
ぐらいの大絶賛のされ方だったんですと…




店内。
DSC00090_convert_20100707154342.jpg
全てを写すことはできませんでしたが、たーくさんの紅茶やハーブティー、スウィーツ、雑貨、子供の服まで置いてありました。
上は天窓で、また素敵なんです。


さてメニューを見て…


子ねこは「ブルーエンジェル」という名前のミックスハーブティーと全粒粉ブレッドのシュリンプサラダのせ、というサンドイッチに。
友人は、「エンジェル」という紅茶と、スイートポテトスープとガーデンサラダのスコーン添え。


DSC00098_convert_20100707155450.jpg
手前が子ねこのお茶。
よくある、ハイビスカスブレンドのハーブティーでしたん。
ティーポットってば、なかなかゴージャスなお洋服ですこと。

アフタヌーンティーの起源である、イギリス貴族風?!
(エリザベスカラーみたいなんだもん…)



DSC00099_convert_20100707160209.jpg
あっさりしてておいしかったよー。
ヴィネグレットのドレッシングも、マネしたいくらいに。


友人も子ねこも、いっきに食べてしまいました。

その間、店員さんは何度もお湯を注ぎ足しに来てくれました。
(そうだよね。チップかかってるもんね)


当然おなかいっぱい、スウィーツやらペイストリーが入る余地なし。
せっかくなので、写真に残しておきましょう。
DSC00095_convert_20100707161140.jpg
1つでいいから食べたかった…
あと1周り、小さいとありがたいのですけど。

DSC00096_convert_20100707161517.jpg
もう1つ、スウィーツのショーケースが。
一番上の段の右側は、「ヒトデ型スコーン」
とっても大きなスコーンでびっくり。
真ん中の段の真ん中は、黄色と青のアイシングで彩られたお魚型クッキーなのでした。
猫用か?! 思わず手がうずく…


大満足で店を後にした我々。
彼女の子供のこともあるので、少しだけ散歩して帰ることに。


このエリアは、バンクーバー中心より南下したところです。
ガイドブック等にも、お店もエリアもあまり紹介されていないようです。
もしご興味のある方いらっしゃいましたら…

Secret Garden Tea Company
5559 West Blvd, Vancouver BC V6M 3W6
Phone: (604) 261-3070


以下は、散策中に見つけたおまけです。

DSC00103_convert_20100707162352.jpg
「エコノミー床屋」アポなしOK!
最初から”エコノミー”と言ってしまうのも何だかな…


DSC00107_convert_20100707163011.jpg
すぐ近くに停まっていたハデハデな車。
訪問で、応急処置も含むケアなどをしてくれるサービスカー、とのことです。
思いっきり目立ってました~
line
さて、だいぶ間が空きましたが(汗)

今回はシャスタにおける、子ねこ的グルメをご紹介。


まずは、ステイ先のお宅の女主人のお友達が
くださった、黄色い「キューカンバー」
200908132043001.jpg
左側にちょこっとのってるのは、オレガノです。
右隣がズッキーニです。


日本語で「きゅうり」と訳されているやつです。


子ねこは初めて見たのですが、まんまるなんです!
てか、ぜんぜん、キュウリじゃないルックス。


種も多くて食べにくかったけど、味は良かった。
皮ごと束ちゃいましたが、堅かった。
剥いて食べるものだったのかも…


さてお次は、定番のカリフォルニアロール♫

カリフォルニアと言えば、コレしかないでしょ。(?)


市内には1件だけ、日本人の方が経営されている(らしい)日本食屋さんがありました。


アメリカでもカナダでも、日本食のお店は大人気です。
このお店も何度か来ましたが、いつも人でにぎわっています。


スーパーでも、「SUSHI」はたくさん見かけます。


クラスメートのエヴァさんが注文したのは…
200908151755000.jpg

一見ふつうのカリフォルニアロール。
でも日本人(猫)として、何か気づきませんか?


海苔が、内側に巻かれているのです!


聞いた話によると、(真偽のほどは定かではありません)
アチラの方からすると、海苔って、真っ黒すぎて食べ物に
見えないらしいんです…



んで、外側に巻かれているのをイヤがるから、
このようなスタイルが「カリフォルニアロール」になったとか。



確かに、北アメリカ大陸における「SUSHI」は、
ほとんどこのスタイルかも…(子ねこが見た感じですが)



そーいえば。
ロスの「Famima!」で見かけた海藻サラダにも、
合成着色料で色がつけてあったなあ。
正直買う気になれなくて、買わなかったのですが。


でも日本の食材の奥深い色って、やっぱ素敵です。
改めてそう思いました。


子ねこが頼んだ「ヴィーガンドンブリ」
200908151756000.jpg
「Vegan(ヴィーガン)」とは、動物性食品をいっさい摂らない、動物性製品すら使わない人のことを意味します。
ベジタリアン、よりさらに厳格な意味で使われ出した、最近の言葉のようです。



子ねこはヴィーガンほど厳格ではありませんが。
メニューの名前が気に入ったので、頼んでみました。



すし飯よりちょっと甘い感じのご飯の上に、
6~7種類のお惣菜がのっています。



日本では見たことも食べたこともないお料理でしたが、
美味でした。



イメージ的には、マクロビオティックと
こちらのベジタリアン食の折衷、みたいな雰囲気かな、と。



左上には、お味噌汁。
これはちゃ~んと、日本のものでしたよ!
(レンゲ付き☆)


オマケにもう1つ。


子ねこも大好きな「アーティチョーク」
200908191857000.jpg
皆様ご存知、「朝鮮アザミ」って呼ばれてますね。


日本では高級イタリアンで出してたり、
又はピクルスで売ってたりしますね。


ちょっと珍しい食材に入るかと思いますが。
こちらのイタリアンでは、けっこう見かけます。


この写真のアーティチョークは、花1個が
丸ごとオーブンでローストされたものです。


添えられているレモンを絞り、マヨネーズを
付けていただきます。


食べ方を先生から教えてもらったのですが。

花びらを1枚ずつ、外側からはがしていきます。
それにマヨネーズをつけて、花びらの食べられる部分
だけを食べます。


というのは…
花びらの外側はけっこう張りがあって堅くて、
食べられないのです。
なので、内側のやわらかい部分のみ、歯を使って
剥ぐように、口の外へと引っ張りながら食べるようです。



ものは全然ちがうけど、「のし梅」のような状態???
(すみません、良い例えじゃないかも…)


そんなんだから、指先も口の周りもちょっと汚れます。
だからフィンガーボウルと、皮入れも用意されてました。



そして皮を剥いでいくと真ん中には、
「アーティチョークハート」と呼ばれる、芯(?)
が残ります。
こちらはやわらかく、そのままナイフとフォークで
いただきます。



味は、ほんのりと酸味があって、身はやわらかい
繊維質っぽい感じで、とっても気に入りました。



日本でも食べれるなら食べたいけど…
この食べ方のスタイルだと、ちょっと日本人ウケは
難しいかも。
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。