上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
※前編より続いてます


カラカウア通りを歩いていた子ねこ、デューク・カハナモク像の写真を撮ることに。


DSC01780_convert_20110523150618.jpg
故人、ハワイ出身の水泳選手・サーファー


この像、やたら人が群がっていて、写真撮るのに列ができていた…


子ねこも列に並んでいると、
「写真とってあげるよ」と声をかけて来た初老のおじさん(?)が。


お言葉に甘えてお願いしました。
すると、「これからお昼だから、一緒にどう?」と。


子ねこが、「レインボウシェイブアイスを食べるからダメ」と断ると、
「そこの店に行こうよ」と。


子ねこはなんと言っても、待ち時間がまだ10時間以上もあって。


地元の人と話してみたい気持ちもあったので、お昼を一緒にすることにしました。
そんなんで、おじさんの車に乗せてもらい、別の場所に移動することに。


DSC01811_convert_20110523152648.jpg
おじさんが停めてた駐車場そばのバニヤンツリー。
でかすぎ!


おじさん、地元と言ってもアメリカ本土から来ていて、仕事の都合で現在ハワイ勤務、とのことでした。
う、うらやましい…


車を20分くらい走らせ、小高い丘の上にある
「マカプウ岬」に到着。
あまり写ってませんが、地元のサーファーもいっぱいいました。
DSC01784_convert_20110523155101.jpg
さすがに車で移動すると、観光客がぐっと減ります。
地元の若者たちで賑わっているような場所でした。
(多分、地図的に「マカプウ岬」だと思います。違ってたらスミマセン)


おじさん、なかなかマメな方で。


自分でお昼を手作りしているうえに。
素材もオーガニックにこだわり、容器も極力、プラスチックではなくガラスを使っているそうです。
偶然とはいえ、子ねこもオーガニックにはそれなりにこだわってますから、そのへんの話は楽しめました。


そばに咲いてた花。
DSC01782_convert_20110523153943.jpg
ハワイらしく。


ぉお!
DSC01787_convert_20110515060113.jpg
なかなかのかわい子ちゃん。
DSC01787_convert_20110523150920.jpg
ハワイらしくて素敵な色と髪型ですね。
DSC01789_convert_20110523151331.jpg
パンキッシュでいいじゃあないですか。


この真ん中の木。
DSC01790_convert_20110523151846.jpg
おじさん曰く、「ゴムの木」だとか。
そうなのかな???


DSC01796_convert_20110523154715.jpg
南国、って感じ~。


さて、お昼を食べ終わったところでおじさんからの提案。
近場をざっと回って案内してくれる、と。
そんなんでふたたび出発。


以下は、相当駆け足で行けるとこ行った記録です。


さらに北上し、高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」に到着。
ここはホテル内にプライベートビーチもあり、素敵なホテルです。


DSC01798_convert_20110523155155.jpg
なんと、敷地内の池でウミガメ、5頭のイルカを飼っていて、ドルフィンスイムもできるんだとか。


おじさん曰く、ここは以前は中庭も(宿泊客でなくても)普通に入れたらしいのですが。
この日は受付の方に「今は入れない」と最初に断られたのでした。


おじさんがちょっと頼んだら「5分だけいいよ」なんて許してくれて、潜入成功したのでした。
イルカちゃんは、他のお客さんと遊んでいるところだったので、撮影はしませんでした。


はい、次です。
(実はこれ以前にダイヤモンドヘッド行ったのですが、写真ナシ)
DSC01810_convert_20110523163209.jpg
超・有名観光ポイント「ヌアヌ・パリ展望台」
写ってませんが、この公園の周辺には野生のニワトリが…


風が強くて、ちょっと肌寒いくらいでした。
DSC01807_convert_20110523162034.jpg
この眺めは、みなさんが展望台から見る眺め。


以下は、立ち入り禁止区域からの眺めです。
展望台の正面に向かって右側に入ったところです。
DSC01805_convert_20110523161254.jpg
おじさん曰く「地元の人はみんな入ってるから大丈夫」と…


真ん中の四角いものは、馬の水飲み場だったそうです。
DSC01804_convert_20110523160327.jpg
この立ち入り禁止区域は、ハワイの人たちが戦いで使っていた道なのだとか。(おじさんの説明)
そこで馬の水やり場だったのでしょうね。


さて、そろそろワイキキに戻ることに。

まだ少し早いのですが、道が慢性的に渋滞してる、とのことで早めに出発。
ワイキキに着いて、もといた場所まで戻してもらいました。


戻る車中で、おじさんと他愛ない話をしていたのですが。
「僕はいいとしても、これからは初めて会った人の車に乗らないようにね」と笑いながら諭されました。
あはは~言われてみれば。


レインボウシェイブアイスを食べることになっていたのですが。

おじさん、途中でスーパーでアイスを買ってしまい…
溶けるといけないから、ということで、子ねこを元の場所に戻して、さっさと帰って行ったのでした。
時間は潰れてありがたかったけど、少々振り回された気分も…☆


来た時と同様にバスに乗り、空港へ戻ったところ…
子ねこの乗るサクラメント行きの飛行機が…


3時間遅れ


12時間待ちしてさらに3時間遅れって…(汗)


今度は空港で時間潰しすることに。
DSC01813_convert_20110523152939.jpg
結局コレしかなかった…


ココナッツとチョコのフラペチーノ。
DSC01816_convert_20110523163534.jpg
ハワイだもん、やっぱココナッツだよね。
(ハワイじゃなくてもココナッツ大好きですが)


結局3時間以上遅れまして。
ハワイ時間で午前0時近く、カリフォルニア州サクラメント行きの飛行機に、よーやく搭乗。
待ち時間が長いから、空港で余計な買い物してしまったじゃないか!


今回はサクラメントからレンタカーして、学校のあるシャスタまで向かいます。
もうくたくたよ、子ねこわ…
スポンサーサイト
line
今日は、友人のママ友のお子さんのバースデー
パーティーが近所の公園であるから、とのこと
で着いて行きました。


友人と友人の娘2人と公園に行くと、すでに
5~6人のママたちとその子供たちが、お菓子を
食べたりゲームをしたりと盛り上がっていました。


カットフルーツやらスナック菓子。
いちばんむこうのグリーンとピンクの物体は
ケーキですよ!
DSC00053_convert_20100705164326.jpg
アメリカ人やカナダ人の誕生日パーティー、としては
けっこうシンプルかも。
でも、「パーティー」って、これくらいカジュアルでいい
ような気がします。


あれ。

なんか子ねこの友人てば、ちょっと緊張した様子です。


あとで理由を聞いてみよう。

DSC00055_convert_20100705165300.jpg

下のカラフルな鳥におもちゃがたくさん入っていて、
木の枝から吊るします。
それを子供たちでたたき割って、中のおもちゃとお菓子を
分け合っていました。
けっこう、鳥が無惨な姿に…
風船も、1人に1つずつくれます。(猫にはありませんが)



さて。
ケーキも食べたし、子供も疲れてきたし。
約1時間半で、帰ることに。


DSC00057_convert_20100705165830.jpg
子ねこにもくれました。
グリーンのとこが良かったなぁ…


友人の娘さんには、グリーンの風船をくれました。

しかし!

友人がちょっとよろけた時に、木の枝に風船がぶつかり、
あっさりと破裂。


友人の娘さんは、家に着くまで(着いてからも)ずっと
泣くわ怒るわ大変でした~


さて家に着き、くたくたの友人に本日の心境をインタビュー。


友人が緊張して見えた理由とは。


実は5~6人いるママのうち、知っているのは1人だけ
だったそうです。
つまり、あとはほとんど初対面なわけで。

こちらの方らしく、にこやかに話はしていましたが。

「みんな同じくらいの歳の子の母親だし、きっと
これから何らかの接点を持つだろうけど…正直、
仲良くなれるか不安なの」

と話してくれました。


アメリカ人やカナダ人は、日本人よりずっと
オープンマインドだとは思いますが。


ママ友ができるかどうか、うまくつき合って
行けるかどうか…


悩みは万国共通なようですね。
(子ねこにはまだ無縁な話ではあるのですが…)


リラックス&オープンマインドで行けば、なんとかなるさ。


☆おまけ☆
DSC00060_convert_20100705170614.jpg
お散歩の時横を通る、ガススタ「ペトロカナダ」
きっとカナダにしかないと思いますが。
なんかかわいいから、レゴにでもして部屋に飾りたいっす。
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。