上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
シャスタ周辺には、たくさんの動物がいるようです。
(山だからでしょうけど)

野生動物でいうと、
鹿・あらいぐま・スカンク・リス・うさぎ等の草食系の動物が。
DSCN1980_convert_20090927194322.jpg
先生のおうちのお庭で見たウサギちゃん。かわゆす…


肉食系だと、
コヨーテ・熊・キツネ・マウンテンライオン(ピューマ)等々…

ペットや家畜だと、
犬猫・馬・牛・羊山羊・アルパカ等

本当はもっと種類いるのですが、割愛します。

しかし、さすがに日本といる動物がちょっと違ってておもしろいですね。


草食動物は、本当によく見かけます。
(鹿以外は動きがとても早く、とてもじゃないけど写真が撮れなかった…でも見るとテンション上がっちゃうんです☆)

その中でも、とにかく日中によく見かけるダントツ1位は鹿さん♪

シャスタ周辺の鹿は「ミュールディア」という、バンビのモデルになった鹿で、小型で臆病なのが特徴です。

最初に滞在していたお家のご主人がとても動物が好きで、玄関の前でいつもエサをやっていたので、すっかり仲良くなっちゃいました。



200908051749001.jpg
どんどん集まって来ちゃった…(汗)


200908051759002.jpg
さすが野生動物!実物は大きくてちょっとドキドキです。


200908051800000.jpg
こんなに近づいちゃう。 
角をさわらせてくれました。角もうっすら毛が生えてました。
鹿は臆病なので、ちょっとした音にも敏感です。

DSCN1873_convert_20090927194641.jpg
これは去年とった写真。ホンモノのバンビちゃん!!!


きっと野生動物って餌付けとかしちゃいけないのかもしれませんが、ご主人てばとある鹿ファミリーを代々に渡って世話してるそうです☆


散歩してて見かけるのは、お馬さんやら牛さん。

200908102010000.jpg
馬をペットにしているおうちも多いようです。


夜はコヨーテがとても活発に活動しているそうです。
なので、ペットや家畜を飼っている方は、夜はちゃんと小屋とか室内とか、安全なところに入れるよう注意しているそうです。
食べられちゃうんだって…!


最近は、シャスタに少しずつキツネも帰ってきているとか。
(環境や害獣駆除で少なくなっていたそうです)

実は子ねこも、今回キツネさんは1回お見かけしました!かわいかった~!

「犬でもない。猫でもない。アライグマでもない。コヨーテでもない…」と思ったらキツネでした。

本当はキツネを見かけたら、役所にリポートしなければいけないそうです。
しなかったけど…
(周辺の環境のリサーチをしている研究者たちが、数を把握したいらしいのです)
スポンサーサイト
line
今日はホエールウォッチングをしました。

と言っても、実際は"キラー"ホエールウォッチング、つまり『シャチウォッチング』だったのでした。


友人が前から『ホエールウォッチングに行こう!!』と誘ってくれていたし、子ねこは海の哺乳類も大好きなので、二つ返事で予約を入れました。


港まで車で走ってゆくと、『ホエールウォッチング』の看板が。
ん!?でもこの『ホエール』なんか水族館とかで見たことあるような…
まぁいいか…



20090729162010

アレ!?
クジラですか…?



けっこうお高い料金(120ドルくらい)を払い、小さな船に乗り込み、出発です。


出発して1時間後、アザラシたちの休憩所のすぐそばまで来て、一度船を止めました。
たくさんのアザラシたちが小さな岸でゴロゴロ…かわゆす。

DSCN5413_convert_20091105192238.jpg

気持ちよさそーに寝てます。
たまにケンカするのがまた、なんともかわゆすで…

DSCN5414_convert_20091105191753.jpg
ゴロゴロとキラキラ☆


また1時間ほどかけて、ようやく『彼らの』活動水域に到着。


案の定、みなさんが『ホエール』と呼んでいるのはシャチのことなのでした☆


シャチは英語で『キラーホエール』『オルカ』『グランパス』等と呼ばれています。
(グランパス、は滅多に使いません)


子ねこ、ほんとのクジラを見に行くんだと思ってた…(←ちょっと残念)



でもシャチも大好きなので嬉しかったです♪
シャチ一家のジャンプや潮を吹くような大きな呼吸、上下する迫力あるヒレが見れました。



しかし船はよく動くし、シャチの邪魔をしないためにと、けっこう離れた所からしか見物できず、写真はイマイチ。


おまけに海の上はめちゃ寒かった~

DSCN5419_convert_20091105192916.jpg
やっぱ迫力ありますねえ。

DSCN5427_convert_20091105193139.jpg

20090729160020

ようやく撮れた『ヒレ』…(潮を噴いてます)



そしてやはり2時間かけて港へと戻りました。
後々知ったのですが…先週、他社の船だそうですが、転覆事故があったそうです…
(ケガ人ナシ)
とりあえず、子ねこたちも無事でヨカッタ☆



20090729155609

船旅中に支給された水、耳せん、おやつ。
往復5時間くらいかかるので、おやつも納得です。

DSCN5436_convert_20091105193702.jpg
帰り際に、船から見えたキャンプ場のティピー(かつてネイティブアメリカンが住居として使用していたテント小屋、tepee)
今は住居としては使用されておらず、申し込めば旅行者も寝泊まりできるそうです。


港付近(フィッシャーマンズワーフ)の、「フィッシャーマンズ・モニュメント」
200907271952000.jpg
これ、釣り針ですよね。
シンプル過ぎやしませんか…(汗)


DSCN5440_convert_20091105205934.jpg


DSCN5439_convert_20091105210239.jpg
港に停まっていた船。きれいでした。


20090729155005

港にあったスタバ。
今やカナダにもすごい数あるそうです。
でも海沿いのスタバって、なんかおしゃれ~
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。