上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
明日はセドナから移動しなければならないので、今日のうちにスポットを2つ回っておかないと…


てなワケで、まずはボイントンキャニオン。
キャニオンって、「渓谷」ですね。


ここはとにかく、神聖な雰囲気でした。
(他も神聖でしたが、ここはさらにパワフルな感じ!)


子ねこのいるモーテルから、20分くらいだったかな?ふもとの駐車場まで…

DSC01221_convert_20110105192304.jpg

トレイルの入り口。
ここでもやはり、1日パスとして5ドル。


さぁーて1匹で歩き始めた子ねこ。


けっこう駐車場にも人がいたように、トレイルでもよく人とすれ違ったりしました。

DSC01222_convert_20110105192713.jpg

どこまで歩くんだろぉ~?
先は遠そうだな~

↓30~40分くらい歩いたところで撮った写真↓

DSC01246_convert_20110105202014.jpg

下方の建物は、宿泊施設とか何かの施設のようでした。

景観を崩さないようにと、
岩とお揃いのテラコッタ・カラー!

↓なんか顔みたいでおもしろくって撮ってみた↓

DSC01241_convert_20110105201911.jpg


…しかし。


ここまで約1時間くらい歩いて来ましたが…
なかなかゴール(?)に到達しません。


行き交う人の数も減って、あたりもどんどん静かになっていきます。


さすが渓谷、というだけのことはあって、
途中どんどん下がって川があったり…でも全然先が見えず。

DSC01251_convert_20110105202127.jpg

この時点で気づいたのですが。


セドナの観光案内によると、
ボイントンキャニオンのいちばん奥に行くのには、
徒歩で


往復 約4時間


かかる、とのこと!!!


そりゃー無理だ、子ねこには。


途中うしろから1人で歩いて来たおじさんが、
「時間はかかるけど、行く価値は十分にあるよ」
などと話してくれましたが。


あっさり心が折れた子ねこ、もと来た道を戻ることに。



↓まるで岩に包まれているような気分です↓

DSC01239_convert_20110105211945.jpg

あー、ちょっと残念。


正直、誰かと2匹とかだったら登ったかもなー…


ではそのまま帰ったのかというと、そうではなく。

DSC01231_convert_20110105212240.jpg

↑もう1つのゴール(?)があるんです↑


上記写真の右側に写っている尖った細長い岩。


これは「カチーナウーマン」と呼ばれる、
女性性を象徴する岩なんだとか。
これを目指すことに。

DSC01279_convert_20110105213615.jpg

↑途中で撮ってみた↑
よーく見ると、いろんな岩が写ってます。


DSC01262_convert_20110105192854.jpg

↑ぐるっと歩いて、頂上へと続く道の下から↑
カチーナウーマンが左側に見えています。


ここまで、戻りつつ進路を変えたのですが。


でも実はカチーナウーマンまでそう距離はなく、
こちらのゴールは駐車場から30分くらいかな。

DSC01289_convert_20110105194152.jpg

↑頂上はすぐそこ↑
右がカチーナウーマン、左が対になっている、
男性性を表すレッドロック

DSC01280_convert_20110105193952.jpg

ここでも頂上のすぐ前のあたりは、
岩の傾斜が激しかったのですが。


昨日のカセドラルロックに比べたら、そりゃもう、
楽に感じるほどでした☆

DSC01276_convert_20110105193811.jpg

こちらの岩は小さめでしたので、座ったりもできます。

でも下を見ると…
すごい高さなので気をつけてね。


この2つの岩の間は決して広い場所ではないので、
あまり居場所がないというか…


もうちょっといたかったけど、20分くらいで下山することに。



きっと、また来ると思うし。



さて、次へ行きますか。

DSC01294_convert_20110105203701.jpg

かわいい標識みっけ。


実はこの後午後にもう1つ行った場所があるのですが。
それは次回の日記で紹介させていただきたいと思います。



遅くなりましたが。

明けましておめでとうございます。

今年もマイペースに冒険していく所存であります。
どうぞよろしゅう…
line
12月18日、セドナ2日め。


この日は朝寝坊し、午後からゆっくりと出かけました。

計画としては、

「チャペル・オブ・ザ・ホーリークロス」という教会訪問と、
「カセドラルロック」という岩に登ること。


車を走らせ、まずは教会の方へ。


すごい!岩の上にそびえ立ってます。

DSC01087_convert_20101221162046.jpg

教会へは、すぐ近くまで車で行けます。
そっからは歩きです。


もちろん、行く道にもサボテンですよ(でかい!)
基本でしょ、コレは。

DSC01094_convert_20101221163900.jpg

あ、天使が降りてる…

DSC01100_convert_20101221164148.jpg


入り口

DSC01101_convert_20101221164717.jpg

さすがに、眺めがいい!
これから登る、カセドラルロックがむこうに見えています。


チャペルの中
雰囲気があって素敵です。

DSC01106_convert_20101221165159.jpg


ここでもキリスト生誕

DSC01117_convert_20101221165641.jpg


赤いキャンドルは1ドルで火を灯すことができるようでした。

DSC01110_convert_20101221170003.jpg

教会ですから、みんな静かに楽しんでいました。
祈る人あり、瞑想する人あり、泣いてる人も…


子ねこは教会が大好きなので、訪問できて嬉しかった~
短い時間でしたが神聖な時間を与えてもらった、そんな気持ちになりました。


さてお次は、カセドラルロックです。
この岩は、教会と同じ道沿いをちょっと行ったところを曲がるだけなので、教会からのアクセスは楽です。


これに登るのかぁ…

DSC01128_convert_20101221180111.jpg


トレイルの入り口
駐車チケットの券売機があります。
10ドルで1日パスを購入、フロントガラスのところに見えるように提示しておきます。

DSC01126_convert_20101221180503.jpg


トレイルはもう、こんな感じで…
サボテンに赤い岩。低木たち。

DSC01129_convert_20101221181520.jpg


少し近づいた。
でもこれ、まだ半分も来てません。

DSC01132_convert_20101221181029.jpg


道沿いにある、ぽこっと飛び出しているものは、
トレイルの目印です。
でもこれ、すごくフォローしにくくて、途中ちょっと迷ってしまった…


めげずにどんどん登って行くと…

DSC01147_convert_20101221183410.jpg


いい景色!
この日は小雨が降っていたので、霧がかかっていて、またそれはそれで神秘的な感じがすてきです。


しかしどんどん、道のりが険しくなっていきます。

DSC01138_convert_20101221182904.jpg


頂上はすぐそこに見えているような感じがしますが…


DSC01149_convert_20101221183750.jpg


その前に、関門が。


これ、トレイルというより…


DSC01142_convert_20101221182657.jpg


岩じゃん


…これ、登るの???

このスキマを…???


そうなんです。
当然、手すりもないこの岩と岩の間を登るのです。
さすがにこの岩肌には、あのトレイルの目印もありません。


子ねこは決意(観念?)し、岩をよじ登りました。
正直、怖かったです。
雨で岩も滑りやすかったし。


DSC01185_convert_20101221185732.jpg


岩を登りきったところに少し平なところがあり、そこにもサボテンたちや木々が。
彼らの生命力ってすごい…


しかしここは頂上じゃないんだな。


DSC01182_convert_20101221185900.jpg


あともう少し~!


DSC01151_convert_20101221184838.jpg


来た。ここだ。


DSC01161_convert_20101221190641.jpg


すごい高さ~!!!
↑上の写真の反対側の景色です↑


感激と感動とドキドキでいっぱいです。


DSC01177_convert_20101221191315.jpg


岩に抱かれているような感覚…


DSC01166_convert_20101221191640.jpg


改めて、セドナのパワーと強くも受容的なこの岩のエネルギーを感じます。


DSC01180_convert_20101221192427.jpg


なんかチャレンジャーな子がいる…
彼女の笑い声がすごい勢いでこだましてました。


上の写真のご家族が去った後、子ねこしかそこにいない、静かな時間が訪れました。


DSC01173_convert_20101221193423.jpg


しばらくそこで、
思いっきりその場となじんでみたい、と思って、
深呼吸したり目を閉じていました。


DSC01157_convert_20101221193924.jpg


この日は小雨とはいえ、今や人気観光地のセドナ。
どこへ行ってもお客さんがいるのですが。


この時、1匹で静かにその場に佇んでいられたのも、
セドナからの贈り物のような気がしました。


…さて、そろそろ帰ろうかな。

当然、来た道を帰らないといけません。


降りるほうが、もっと怖かったです。


子ねこが降りて行くと、これからまだ登ろう、
という方がけっこういました。
犬を連れている人も!
(あの岩場はどーすんだろ…)


モーテルに戻ってテレビをつけると、
「ピーナッツ」
つまりスヌーピーのアニメがやってました。


DSC01204_convert_20101221194333.jpg


これはスヌーピーのコミックにもよく出てくる、サンタに扮するスヌーピー


DSC01200_convert_20101221194557.jpg


クリスマスツリーの前で、
いつものように大好きな彼と話そうとするルーシー


なんか和んだな~。


今日は、ちゃんと岩に登れて良かった。


トレイルがわからなくなった時、ほんとに諦めようかと
一瞬、思ったけど。


1つ、セドナにパワーと自信をもらいました。
ありがとう。


ここまで読んでくれた方、どうもありがとうございます。
line
12月17日

子ねこはアリゾナ州の州都、フェニックスで目を覚ましました。


きのう飛行機で夜10時にこちらに到着。
夜でしたので、まっすぐモーテルへ。


泊まったのは、全米にあるチェーンのモーテル
「エコノロッジ」
カメラの逆光補正も空しく、ぜんぜん写ってませんね…

DSC01016_convert_20101219123046.jpg

この背の高いパームツリー、大好きです。
これはカリフォルニアにもありますが…



こっちはモーテルの中庭。

DSC01022_convert_20101219124116.jpg

わかりにくいと思いますが、植わっている木々も、カリフォルニアよりさらに南国風(てか砂漠風)な気がします。
名前がわからない…



ちょっとおまけ。
モーテルの無料のセルフ式朝食

DSC01018_convert_20101219123623.jpg

わりと一般的にこんな感じで出してるとこが多い気がします。
写ってませんが、後ろにちょっとした喫茶スペースがあったり。


置いてあるものも、だいたい一般的なアメリカの朝食って感じの内容ですね。
マフィン、ワッフル、トースト、ベーグル、コーンフレーク…

DSC01019_convert_20101219125137.jpg

飲み物はコーヒー、紅茶、ジュース、エスプレッソマシンとか。


さて。
車を借りに、空港へ戻ります。

空港付近のモーテルは空港との往復のシャトルバスが無料で出ているところが多いので、ありがたいです。
空港からさらに、レンタカー会社だけが入っている建物へのシャトルへ乗り継ぎます。


こうやって、レンタカー会社のみがずらっと並んでいます。

DSC01026_convert_20101219124617.jpg


手続き自体はあっさりと済みましたが。
警察が麻薬捜査犬を連れて、子ねこのところへ来たのはちょっとびっくりしました。
もちろん「白」だけどさ(汗)


駐車場へと向かうエスカレーターから、天窓を…

DSC01027_convert_20101219125713.jpg

なんかさりげなく、きれいでいいなって思って撮りました。


子ねこの車は今回は黒。これも初めて!

DSC01028_convert_20101219125954.jpg

アリゾナらしいナンバープレート。

DSC01029_convert_20101219130205.jpg

グランドキャニオン州、サボテン。

ところで余談ですが。
アリゾナ州の車は、後ろにしかナンバープレートが付いていないんですよ!


カーナビもセットしたし、出かけるか。
どこへセットしたかは、お楽しみ…(←しつこい)


空港周辺ではあまり写真を撮るチャンスがなかったのですが。
アリゾナはやはり、サボテンがたくさん生えててかわいい!!!


フェニックス周辺から北へ向かって車を走らせていましたが、最初は大小様々なサボテンがたくさん見られました。

DSC01030_convert_20101219131254.jpg


でもやはり目を引くのは…

でっかいサボテン!!!
でっかいアロエ(みたいの)!!!

見えますか?
すっごいおっきーの。


車を走らせること約2時間…
何かが見えてきた!

DSC01034_convert_20101219131738.jpg

やって来ました、セドナです。

DSC01036_convert_20101219131605.jpg
左側にある小さめの岩、ぽつっと上が尖っているのが
「ベルロック」
ほんとにベルみたいな形です。

これが見えたら、セドナに着いたよ、ってことですな。


セドナは、ここ最近人気急上昇中のネイティブアメリカンの聖地です。

パワースポット、とも呼ばれてます。
子ねこがここに来る前にいたシャスタ山とともに、アメリカの2大聖地ですね。


子ねこが今夜泊まるのは、これも全米にチェーンを持つ「スーパー8モーテル」

これはお部屋からの眺め

DSC01044_convert_20101219132548.jpg

赤い岩がきれいでしょ!


荷物を部屋に置いて、さぁ出かけよう。
まだ外が明るいので、子ねこのモーテルからわりと近い、「エアポートメサ」に行ってみることに。


エアポート、と言っても、子ねこが行くのは、丘の上の空港へ向かう坂の途中にある、ちょっとした岩の上。

10分くらいかな?頂上まで…

DSC01047_convert_20101219132820.jpg

入り口です。
駐車料金を払って、真っ赤な岩を登ります。


DSC01056_convert_20101219134141.jpg


ほんっとに真っ赤。
これを見て、何か思い出しませんか?

セドナの赤い岩って、「あの」夢の国のアトラクション、「ビッグサンダーマウンテン」のモデルになっているそうです。
言われてみれば、雰囲気そのままかも…


DSC01050_convert_20101219133825.jpg


道のりには、サボテンもいっぱい。
大きいので、トゲも凶暴ですのでご注意。


あっさりメサ(スペイン語で台地、の意味)の頂上に到着
でも眺めは最高!

すごい高さだから、セドナの町や岩が見渡せます。

DSC01055_convert_20101219141601.jpg


むこうの方に、セドナに入る直前に見たベルロックが見えます。
そのすぐ左がカセドラルロック(多分)


DSC01052_convert_20101219141448.jpg


上記2枚の写真の逆方向です↓


DSC01051_convert_20101219140831.jpg

左端がチムニーロック、右端がコーヒーポットロック(多分)


頂上でしばらく、1匹で静かに目を閉じて過ごしました。
だんだん暗くなってきたから、そろそろ帰ろう。


眼下にはウェストセドナの町の夜景が。

DSC01068_convert_20101219142501.jpg


あー、やっぱ来て良かった。
頂上から、「ありがとー」って叫んじゃったよ。猫なのに。


何にだろう…? 
色んなものに、かな。


昨日今日と動きっぱなしの子ねこ、さすがに疲れたので、今夜はモーテルに帰ろう。


実はローカルに人気のレストランに行こうと思ってたんだけど、駐車場が満車で入れず!
土曜日だったんだね、今日は…


ひっさしぶりに長い日記になりました。
ここまで読んでくれた方、どうもありがとうございます!!!



☆おまけ☆

DSC01043_convert_20101219143818.jpg


セドナのモーテルのお部屋。
いちおう、マウンテンビュー。
これを書いている今も、この部屋で書いてます。
line
もうすぐクリスマスですね。
こちらはもちろん、みなさん気合い入れて準備をされていると思います。

子ねこももちろん、クリスマスは大好きさ♪

DSC00972_convert_20101217163207.jpg

そうだよね、みんなにとってJOY(喜び)
シャスタシティーのあるお店のウィンドウ。


町のあちこちで、庭先で、キリスト生誕。

DSC00973_convert_20101217170823.jpg

こちらの方はお家の周りにもけっこう気合い入れて飾り付けをします。(最近、日本でも増えてきましたね)
その中に、キリスト生誕を現したオブジェなんかもよく見かけます。

どんなに小さくても、例えお人形でも、見てるとなんかちょっと神妙な気持ちになるから不思議です。


子ねこのおうちの中も、クリスマス。

DSC00956_convert_20101217171731.jpg

おうちの主人であるクリスティさん、近所で柊を摘んできて、窓辺やテーブルに飾っています。


クリスティさんの愛犬、「リトル・ガイ」

DSC00959_convert_20101217171251.jpg

いいですよね、もみの木と暖炉と大きな犬。
子ねこはしょっちゅう、クッキーあげて仲良しになりました~


ご近所さん。

DSC00966_convert_20101217172921.jpg

スブーピーとトナカイが、夜になるとむくむくと起き上がります。

夜中に電源を切るためか、朝はお人形はしなしなになって、玄関に倒れています。
何回見ても、ちょっとおもしろかった。


これもご近所さん。

DSC00905_convert_20101217172647.jpg

こういう風に、奥のお家は道を飾っている人も多いですね。

渡ってみたかったけど、やりませんでした…


シャスタシティーのそばの湖「レイクシスキュー」にも、雪が…

DSC00978_convert_20101217173326.jpg


すみません、わかりますよね?チョコレートケーキです。

DSC00988_convert_20101217173809.jpg

あまりに疲れたある日、どーしてもチョコレートケーキが食べたくて…

ドーム型の入れ物に入っていましたが、フタにもクリームが散らしてあって、雪が降る様子が表現されています。
かわいいでしょ???

雪化粧のシャスタ山

DSC00996_convert_20101217182220.jpg
また来年、ね。


…ここまでクリスマス的報告をさせてもらいました。


でも実はこの日記は、すでにシャスタではない、次の場所で書いています。
12月15日に無事にクラスを終え、翌日にさっそく移動。


まずは行きと同様、サンフランシスコ空港まで飛びます。
さて、そこからどこへ行くのでしょう…


空港内のゲートの壁画。
何を表現しているかはわからないけど、迫力ありますね…
DSC01008_convert_20101217174136.jpg

乗り継ぎ便の搭乗時間を待つ子ねこ。
この写真に、次の目的地のヒントが…



次の場所へ行く飛行機で出されたクランベリーのミニッツメイド。

DSC01011_convert_20101217182612.jpg

ライムなんか付いてて、南国カクテル風。
子ねこ、どこへ行く…???
(もったいぶるなっつーの)
line
12月4日

着いて早々、恐れていたことが…


DSC00896_convert_20101208134650.jpg

雪です、雪。

たくさんは降らなかったけど。

子ねこにとってはちょっとした事件です。
だって、12月に雪なんてほとんど経験したことない…
DSC00893_convert_20101208135738.jpg
クリスマスツリーみたい。


もちろん寒いのは苦手で…(猫だからね)

クラスメイトが借りてくれた車はロサンゼルスから来た車なので、当然、チェーンとか雪対策がない車なんです。
そのこともあって、車をシェアしてる2人+1匹、顔面蒼白。

DSC00909_convert_20101208140606.jpg

風雲、シャスタ山。
とでも呼びたくなるお姿。きれいでした~


思ったよりずっと早くやんでくれたのですが。
雪の降る中、無理矢理ハイウェイを突っ走る子ねこたち一行…


子ねこ以外のお2人はドイツとスロバキア出身。寒い地域です。
「大丈夫だよ~」なんて言ってたけど、子ねこは正直怖かったです(汗)


学校に着いて、駐車場で真っ先に見つけたのが…

DSC00897_convert_20101208141448.jpg
な、なんてラブリーな!!!


おそらく、ラクーン(あらいぐま、または狸)でしょう。

DSC00898_convert_20101208142142.jpg
おっきくしてみた。ますますラブリー。


これを見つけてしまい、嬉しくて午前中の授業が身に入らない子ねこ。


昼休みに、学校の庭に出てみると…


小鳥ちゃんの足跡も!!!
DSC00899_convert_20101208142840.jpg
かわゆすですよね、木に向かって走って行ってる姿が想像できそう☆


午後には日が出て来て、ずいぶんと雪が溶けていました。


帰り道、近所の電線を走り抜けるリスちゃんをついにキャッチ!

DSC00915_convert_20101208143508.jpg
とっても警戒心が強くてすばしっこいので、なかなか写真に収めるのが大変だったんです、今まで。
やったぁ♪


この日は、遅くなって溶けた雪が凍っても危ない、とのことで授業は早めに終了。
まだ外が明るかったので、家の近所を1匹で歩いてみました。


雪が多い地域に住む方にとっては当たり前のことかもしれませんが。


雪があると、あたり一帯がシーンとしますよね。
子ねこもその静けさの中に1匹でしばらく佇んでいました。


なんか、なぜかわからないんだけど、涙が出ます。
自然にはいつも、感動させられます。


…それだけじゃない気もするけど。
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。